◆プロ野球選手になりたいと思ったキッカケ

─ 今回はルーキーインタビューということで、遠藤選手が野球を始めたきっかけからお伺いしたいと思います。
「野球は小学1年時に始めました。きっかけは、社会人まで野球をやっていた父親から勧められたことです」

─ 小さい頃はどんなタイプの子どもだったのですか?
「やんちゃの一言だったと思います(笑)。あまり家の中にはいなくて、友達と外で遊んでいました。体を動かすのが昔から好きでしたね」

─ その後、霞ヶ浦高に進学されましたが、どんな理由があったのでしょうか?
「中学のときに霞ヶ浦高の監督さんが、自分を見にきてくれたことがきっかけで、当時勢いがあった霞ヶ浦高に興味を持つようになりました。一番の決め手は、どこよりも自分が野球選手として成長できる環境があると感じたことです」

─ 入部してからの練習はいかがでしたか?
「相当厳しかったですね(苦笑)。でも周囲の環境にすごく恵まれていたと思います。先輩方が実際にドラフトで指名された姿にすごく刺激を受けました(綾部翔・DeNA 15年ドラフト5位、根本薫・オリックス 16年ドラフト9位)。自分が1年の頃から、ドラフト指名という場面を間近で見せてもらっていたからこそ、プロ野球選手になるという目標を強く持ち続けることができた部分があると思います。実際にプロ野球選手になりたいと思うようになったのも、1年時に綾部さんがDeNAに入団したことがきっかけでした。それまでは漠然とした目標だったんですが、実際に知っている人がプロに入ることで、『夢を夢のままで終わらせたくない』という思いが芽生えてきました」

─ 実際にカープから指名されたときはどのように思いましたか?
 「『先にプロに入団された先輩たちを抜かしたい』という思いでやってきましたが、まずはプロに入れて安心したというのが正直なところでした。ですが、まだスタートラインに立っただけなので、先輩たちに追いつくためにはこれからが大事だと気持ちを切り替えました」