「クローザーへの意識はありませんでした」腹を括った監督の言葉が“守護神・栗林”誕生の序曲となった【SELECT INTERVIEW】

<div class="caption">1年目の春季キャンプから存在感を放っていた栗林良吏投手。</div>
1年目の春季キャンプから存在感を放っていた栗林良吏投手。
<div class="caption">1年目の春季キャンプから存在感を放っていた栗林良吏投手。</div>
記事へ戻る

最新記事

2021年12月号

広島アスリートマガジン

2021年12月号

購入する 定期購読

アクセスランキング

一球速報はアプリへ