20試合でバッテリーを組んだ九里亜蓮と坂倉将吾。意思疎通の大切さを学んだ8月の2試合【INTERVIEW#2】

<div class="caption">2年連続で先発ローテを守り抜き、最多勝のタイトルを獲得した九里亜蓮。</div>
2年連続で先発ローテを守り抜き、最多勝のタイトルを獲得した九里亜蓮。
<div class="caption">九里亜蓮、大瀬良大地、森下暢仁の先発3本柱が今年も先発ローテを牽引。3投手ともに規定投球回をクリアし、3人で31勝をあげる活躍をみせた</div>
九里亜蓮、大瀬良大地、森下暢仁の先発3本柱が今年も先発ローテを牽引。3投手ともに規定投球回をクリアし、3人で31勝をあげる活躍をみせた
<div class="caption">2年連続で先発ローテを守り抜き、最多勝のタイトルを獲得した九里亜蓮。</div>
<div class="caption">九里亜蓮、大瀬良大地、森下暢仁の先発3本柱が今年も先発ローテを牽引。3投手ともに規定投球回をクリアし、3人で31勝をあげる活躍をみせた</div>
記事へ戻る

最新記事

2022年5月号

広島アスリートマガジン

2022年5月号

購入する 定期購読

アクセスランキング