社会人の名門・トヨタ自動車の4番を担ってきた即戦力野手。開幕一軍入りを果たすと、開幕3戦目ではプロ初スタメンを経験。3月30日の阪神戦では代打で登場しプロ初安打を記録した。ベンチでは声を途切らせることなく、チームにエネルギーを与える。ムードメーカーの一面も併せ持つスラッガーの魅力に迫った。
(全3回のうち3回目・取材は2022年4月上旬)

外野手争いは熾烈を極めるが、走攻守において気迫のこもったプレーでアピールを続けている村健人。

◆沓掛さんに教わった割り切りの大切さ

─トヨタ自動車では4番を打たれていました。打撃面で社会人時代から大切にしているものはありますか?

「一つあげるなら、僕の前にトヨタ自動車の4番を打っていた沓掛(祥和)さんのアドバイスです。沓掛さんから『4番は毎日打たないといけない。だからこそ、技術を突き詰めないといけないし、誰よりも高い技術で試合に挑まないといけない』と言われてきました。もう一つよく言われたのは『打てれば何でも良い』という割り切りの大切さです。たとえ思い通りの打球が打てなかったとしても、人のいない場所に落ちてヒットになればそれで良いんだと。その言葉は今でも頭に置いています。もちろん理想の打球を打てるように練習しないといけませんが、プロは結果が全ての世界。結果にこだわることを意識して試合に挑んでいます」

─栗林良吏投手もトヨタ自動車時代の先輩にあたります。中村選手にとってどんな先輩ですか?

「謙虚な方ですし、『一緒に頑張ろうね』『今日も打ってよ』と気さくに声をかけてくださる優しい先輩です。いつか栗林さんと一緒にヒーローインタビューを受けたいと思っています」

─森下(暢仁)投手や宇草(孔基)選手など、同学年の選手からはどんな影響を受けていますか?

「先に入団している選手はすでにチームを引っ張っている存在だけに負けていられません。宇草は昨年一軍で1番を打っていましたし、森下は今や日本を代表する投手です。同じ年齢だけに良い刺激をもらっています」

─中村選手から見て森下投手はどんな投手ですか?

「大学時代に対戦しましたが、その時からえげつない球を投げていただけに、森下が敵じゃなくてよかったと感じています。ほわんとしたタイプですが、オンとオフの切り替えが上手い。やる時はバシッと決められる、本当にすごい投手だと思っています」

─プロ1年目。どんなプレーをファンの方に届けていきたいですか?

「攻守においてアグレッシブなプレーで勇気や感動を届けたいと思っています。声出しを含め、1試合でも多くチームの勝利に貢献していきたいですね」

◆中村健人(なかむら けんと)
1997年5月21日(25歳) /愛知県出身/183cm・90kg
右投右打/外野手 /中京大中京高-慶応大-トヨタ自動車-広島(2021年ドラフト3位)