「カープは自前で育てながら勝つチーム」緒方孝市前監督が語るカープ野球の伝統。

<div class="caption">監督退任から約半年。緒方孝市氏は今も一人のOBとしてカープのことを気にかけている。</div>
監督退任から約半年。緒方孝市氏は今も一人のOBとしてカープのことを気にかけている。
<div class="caption">カープ入団発表会見に臨む、当時18歳の緒方孝市氏(前列右端)</div>
カープ入団発表会見に臨む、当時18歳の緒方孝市氏(前列右端)
<div class="caption">1991年、背番号37でプレーしていた時代の緒方孝市氏。</div>
1991年、背番号37でプレーしていた時代の緒方孝市氏。
<div class="caption">監督退任から約半年。緒方孝市氏は今も一人のOBとしてカープのことを気にかけている。</div>
<div class="caption">カープ入団発表会見に臨む、当時18歳の緒方孝市氏(前列右端)</div>
<div class="caption">1991年、背番号37でプレーしていた時代の緒方孝市氏。</div>
記事へ戻る

最新記事

2020年6月号

広島アスリートマガジン

2020年6月号

購入する 定期購読

アクセスランキング

一球速報はアプリへ