Me gusta la “CARP”! 内藤哲也の制御不能なカープ愛
最終試合 全国のプロレス会場、そして球場でお会いしましょう。アディオス!

<div class="caption">2020年1月5日、KENTA選手の乱入により、東京ドームでの“デ・ハポン締め”の大合唱が未遂に。近い将来、ドームでの大合唱は実現するか⁉</div>
2020年1月5日、KENTA選手の乱入により、東京ドームでの“デ・ハポン締め”の大合唱が未遂に。近い将来、ドームでの大合唱は実現するか⁉
<div class="caption">“パレハ”である九里亜蓮投手が最多勝を獲得。チーム成績は伸び悩んだが、個々の選手の好成績が目立つシーズンでもあった。</div>
“パレハ”である九里亜蓮投手が最多勝を獲得。チーム成績は伸び悩んだが、個々の選手の好成績が目立つシーズンでもあった。
<div class="caption">マツダスタジアムでの“うぐいすボーイ”を熱望する内藤選手。</div>
マツダスタジアムでの“うぐいすボーイ”を熱望する内藤選手。
<div class="caption noprovide">統一直前のIWGPのベルトを手に表紙撮影に臨んだ内藤選手。コロナ禍の真っただ中だったこともあり、球場内での撮影許可が下りたのがわずか3日前という、まさに綱渡りの撮影だった。</div>
統一直前のIWGPのベルトを手に表紙撮影に臨んだ内藤選手。コロナ禍の真っただ中だったこともあり、球場内での撮影許可が下りたのがわずか3日前という、まさに綱渡りの撮影だった。
<div class="caption">ファンが熱望する内藤選手の“デ・ハポン締め”。一日も早いコロナ禍の収束が望まれる。</div>
ファンが熱望する内藤選手の“デ・ハポン締め”。一日も早いコロナ禍の収束が望まれる。
<div class="caption">2020年1月5日、KENTA選手の乱入により、東京ドームでの“デ・ハポン締め”の大合唱が未遂に。近い将来、ドームでの大合唱は実現するか⁉</div>
<div class="caption">“パレハ”である九里亜蓮投手が最多勝を獲得。チーム成績は伸び悩んだが、個々の選手の好成績が目立つシーズンでもあった。</div>
<div class="caption">マツダスタジアムでの“うぐいすボーイ”を熱望する内藤選手。</div>
<div class="caption noprovide">統一直前のIWGPのベルトを手に表紙撮影に臨んだ内藤選手。コロナ禍の真っただ中だったこともあり、球場内での撮影許可が下りたのがわずか3日前という、まさに綱渡りの撮影だった。</div>
<div class="caption">ファンが熱望する内藤選手の“デ・ハポン締め”。一日も早いコロナ禍の収束が望まれる。</div>
記事へ戻る

最新記事

2022年5月号

広島アスリートマガジン

2022年5月号

購入する 定期購読

アクセスランキング