大野豊氏が語る「チーム防御率の重要性」と「新人王の行方」

<div class="caption">チームトップの8勝をマークしている森下暢仁投手。新人王も現実味を帯びてきた。</div>
チームトップの8勝をマークしている森下暢仁投手。新人王も現実味を帯びてきた。
<div class="caption">チームトップの8勝をマークしている森下暢仁投手。新人王も現実味を帯びてきた。</div>
記事へ戻る

最新記事

2020年11月号

広島アスリートマガジン

2020年11月号

購入する 定期購読

アクセスランキング

一球速報はアプリへ