栗林良吏が新人記録に並ぶ37セーブ。鈴木誠也が2度目の首位打者に。最終戦に勝利しカープの2021年シーズンが終了

<div class="caption">守護神としての仕事を1年間全うし、37セーブをあげた栗林良吏投手。</div>
守護神としての仕事を1年間全うし、37セーブをあげた栗林良吏投手。
<div class="caption">守護神としての仕事を1年間全うし、37セーブをあげた栗林良吏投手。</div>
記事へ戻る

最新記事

2022年5月号

広島アスリートマガジン

2022年5月号

購入する 定期購読

アクセスランキング