<日南キャンプレポート2月1日>4年ぶりの優勝に向けて春季キャンプがスタート【編集部フォトセレクション】

<div class="caption">佐々岡真司監督をはじめ、コーチ陣、OBが見守るなか、ブルペンで34球を投じたドラフト1位・黒原。</div>
佐々岡真司監督をはじめ、コーチ陣、OBが見守るなか、ブルペンで34球を投じたドラフト1位・黒原。
<div class="caption">初日の声出しを担当した堂林。昨季のリベンジを果たすシーズンとなるか。</div>
初日の声出しを担当した堂林。昨季のリベンジを果たすシーズンとなるか。
<div class="caption">森下暢仁・栗林良吏の新人王コンビがキャッチボール。</div>
森下暢仁・栗林良吏の新人王コンビがキャッチボール。
<div class="caption">ケガからの復活を目指す中﨑は、3年ぶりに一軍キャンプメンバーに名を連ねた。</div>
ケガからの復活を目指す中﨑は、3年ぶりに一軍キャンプメンバーに名を連ねた。
<div class="caption">キャッチャーを座らせて30球を投じた、ドラフト2位の森。</div>
キャッチャーを座らせて30球を投じた、ドラフト2位の森。
<div class="caption">初の一軍キャンプメンバーとなった高卒2年目の小林樹斗も、初日からブルペン入り。</div>
初の一軍キャンプメンバーとなった高卒2年目の小林樹斗も、初日からブルペン入り。
<div class="caption">今季、阪神から投手コーチとして復帰した高橋建コーチ。</div>
今季、阪神から投手コーチとして復帰した高橋建コーチ。
<div class="caption">4年目の今季は、レギュラー奪取の期待がかかる林晃汰。</div>
4年目の今季は、レギュラー奪取の期待がかかる林晃汰。
<div class="caption">フリーバッティングでは柵越えを連発したドラフト6位・末包。</div>
フリーバッティングでは柵越えを連発したドラフト6位・末包。
<div class="caption">菊池涼介のアドバイスを受けながら守備練習に取り組む羽月隆太郎。</div>
菊池涼介のアドバイスを受けながら守備練習に取り組む羽月隆太郎。
<div class="caption">今シーズンより一軍内野守備・走塁コーチに就任した小窪哲也コーチ。</div>
今シーズンより一軍内野守備・走塁コーチに就任した小窪哲也コーチ。
<div class="caption">佐々岡真司監督をはじめ、コーチ陣、OBが見守るなか、ブルペンで34球を投じたドラフト1位・黒原。</div>
<div class="caption">初日の声出しを担当した堂林。昨季のリベンジを果たすシーズンとなるか。</div>
<div class="caption">森下暢仁・栗林良吏の新人王コンビがキャッチボール。</div>
<div class="caption">ケガからの復活を目指す中﨑は、3年ぶりに一軍キャンプメンバーに名を連ねた。</div>
<div class="caption">キャッチャーを座らせて30球を投じた、ドラフト2位の森。</div>
<div class="caption">初の一軍キャンプメンバーとなった高卒2年目の小林樹斗も、初日からブルペン入り。</div>
<div class="caption">今季、阪神から投手コーチとして復帰した高橋建コーチ。</div>
<div class="caption">4年目の今季は、レギュラー奪取の期待がかかる林晃汰。</div>
<div class="caption">フリーバッティングでは柵越えを連発したドラフト6位・末包。</div>
<div class="caption">菊池涼介のアドバイスを受けながら守備練習に取り組む羽月隆太郎。</div>
<div class="caption">今シーズンより一軍内野守備・走塁コーチに就任した小窪哲也コーチ。</div>
記事へ戻る

最新記事

2022年8月号

広島アスリートマガジン

2022年8月号

購入する 定期購読

アクセスランキング