初の日本一、1979年のカープを牽引した野手たち
髙橋慶彦、山本浩二らが要所で爆発!

<div class="caption">113打点を稼ぎ出し自身初、そして球団史上初の打点王に輝いた山本浩二。</div>
113打点を稼ぎ出し自身初、そして球団史上初の打点王に輝いた山本浩二。
<div class="caption">死球を受け左肩甲骨を骨折した衣笠。しかし不屈の闘志で連続試合出場記録を継続した。</div>
死球を受け左肩甲骨を骨折した衣笠。しかし不屈の闘志で連続試合出場記録を継続した。
<div class="caption">俊足巧打の1番として、赤ヘル機動力野球の申し子の異名を取った髙橋慶彦。</div>
俊足巧打の1番として、赤ヘル機動力野球の申し子の異名を取った髙橋慶彦。
<div class="caption">113打点を稼ぎ出し自身初、そして球団史上初の打点王に輝いた山本浩二。</div>
<div class="caption">死球を受け左肩甲骨を骨折した衣笠。しかし不屈の闘志で連続試合出場記録を継続した。</div>
<div class="caption">俊足巧打の1番として、赤ヘル機動力野球の申し子の異名を取った髙橋慶彦。</div>
記事へ戻る

最新記事

2021年3月号

広島アスリートマガジン

2021年3月号

購入する 定期購読

アクセスランキング

一球速報はアプリへ