Me gusta la “CARP”! 内藤哲也の制御不能なカープ愛
第7試合 内藤的“ベスト”ナイン…ではなく“思い入れ”ナイン!

<div class="caption"> </div>
 
<div class="caption">山本浩二監督の後を継ぎ、1994年に一軍監督に就任した三村敏之監督(左から3人目)。“ビッグレッドマシン”と呼ばれた強力打線(緒方孝市、正田耕三、野村謙二郎、江藤智、前田智徳、ルイス・ロペス、金本知憲、西山秀二ら)を形成し、在籍5年でチームを4度、Aクラスに導いた。</div>
山本浩二監督の後を継ぎ、1994年に一軍監督に就任した三村敏之監督(左から3人目)。“ビッグレッドマシン”と呼ばれた強力打線(緒方孝市、正田耕三、野村謙二郎、江藤智、前田智徳、ルイス・ロペス、金本知憲、西山秀二ら)を形成し、在籍5年でチームを4度、Aクラスに導いた。
<div class="caption">1982年6月22日生、東京都出身/180㎝・102kg/新日本プロレス所属。再び2017年の始球式のカットから。投げ込んだボールを手渡される際、會澤捕手から「ナイスボールでした」と声をかけられたという内藤選手。</div>
1982年6月22日生、東京都出身/180㎝・102kg/新日本プロレス所属。再び2017年の始球式のカットから。投げ込んだボールを手渡される際、會澤捕手から「ナイスボールでした」と声をかけられたという内藤選手。
<div class="caption">2018年10月17日、CSファイナルステージ第1戦(対巨人戦)を生観戦した内藤選手。新井貴浩さんのユニホームを着ての観戦は、実に11年ぶりだったという。ちなみにエース・大瀬良大地が先発した試合は、6対1でカープが勝利。</div>
2018年10月17日、CSファイナルステージ第1戦(対巨人戦)を生観戦した内藤選手。新井貴浩さんのユニホームを着ての観戦は、実に11年ぶりだったという。ちなみにエース・大瀬良大地が先発した試合は、6対1でカープが勝利。
<div class="caption"> </div>
<div class="caption">山本浩二監督の後を継ぎ、1994年に一軍監督に就任した三村敏之監督(左から3人目)。“ビッグレッドマシン”と呼ばれた強力打線(緒方孝市、正田耕三、野村謙二郎、江藤智、前田智徳、ルイス・ロペス、金本知憲、西山秀二ら)を形成し、在籍5年でチームを4度、Aクラスに導いた。</div>
<div class="caption">1982年6月22日生、東京都出身/180㎝・102kg/新日本プロレス所属。再び2017年の始球式のカットから。投げ込んだボールを手渡される際、會澤捕手から「ナイスボールでした」と声をかけられたという内藤選手。</div>
<div class="caption">2018年10月17日、CSファイナルステージ第1戦(対巨人戦)を生観戦した内藤選手。新井貴浩さんのユニホームを着ての観戦は、実に11年ぶりだったという。ちなみにエース・大瀬良大地が先発した試合は、6対1でカープが勝利。</div>
記事へ戻る

最新記事

2020年12月号

広島アスリートマガジン

2020年12月号

購入する 定期購読

アクセスランキング

一球速報はアプリへ