プロ3年目で一軍に定着。
ブレイク前夜の鈴木誠也の野球感とは?

<div class="caption">2015年シーズンから鈴木のスタメン出場数が増加。日に日に存在感を増していった。</div>
2015年シーズンから鈴木のスタメン出場数が増加。日に日に存在感を増していった。
<div class="caption"> </div>
 
<div class="caption"> </div>
 
<div class="caption">2015年シーズンから鈴木のスタメン出場数が増加。日に日に存在感を増していった。</div>
<div class="caption"> </div>
<div class="caption"> </div>
記事へ戻る

最新記事

2020年6月号

広島アスリートマガジン

2020年6月号

購入する 定期購読

アクセスランキング

一球速報はアプリへ